ニキビ対策

ニキビ対策は使う洗顔を厳選したり塗り薬を使うのも重要ですが、意外にも食べ物や食生活の見直しだけでもかなり対策になります。第一にニキビの原因を特定して取り除き複数のケアを重ねることでニキビ予防!いろんなニキビ予防方法はこちら
ホームボタン
実は昔、私が20歳のおり、背中が大変痒くなっ

更新日:2017/10/24

実は昔、私が20歳のおり、背中が大変痒くなっ

実は昔、私が20歳のおり、背中が大変痒くなったので見てみると、多くの吹き出物ができていたんです。すぐに皮膚科で見てもらいました。診察をして、先生から、「多数の吹き出物をニキビと診断します。原因は偏った食べ物なんですが、脂分の多い食べ物ばかりになっているんじゃないですか?」と診断されてしまいました。

チョコがどの食べ物よりもコメドができやすいそうです。

どこにできたとしても、ニキビに関しては誰もが素早くキレイに治したいものです。

ニキビを素早く治すためにも、白ニキビをいじってしまわない様にする事が大事です。雑菌だらけの汚れた手で軽い気持ちで触っていると、ニキビを悪化させる原因となりますし、いじりすぎると肌が傷つくことになります。ところで、肌荒れと赤ニキビが係わっていることも事実です。吹き出物はホルモンバランスの乱れが主な原因なので、特に思春期に出現しやすいです。

しかし、思春期をすぎてもできる可能性があり、その際は大人ニキビとか吹き出物と銘うたれています。

この大人ニキビの起こりの一つが肌荒れですから、肌ケアや生活習慣には注意が必要です。

ニキビの根本は、ではないかと言われています。ですから、伸び盛りにニキビが出来てしまうのです。ニキビを出来にくくするには数多くあるうちの一つが、毎日同じ睡眠時間をキープする事です。これは、ヘルシーライフに直結します。

顔の他に、思わぬ場所でニキビができやすいのは実は、背中なんです。

背中は自分で見えないため、コメドには、気づかないこともあります。それでも、背中でもケアをきっちりしなければ跡になってしまうことがありますので、注意がいります。

ニキビを予防するのに大事にしないといけないのは、菌の温床にならない環境を生み出すことです。

ファンデーションのパフに汚れが付きっぱなし、枕カバーを長年洗っていない、手で直接肌に触る等の行為は、顔に雑菌を塗っているのと同じなのです。

いつもに清潔を保てるように気を付けましょう。

私のニキビに備えた事前策は、どんなに寝たくてもメイクは必ず落として眠ることです。

化粧を施すことにより、肌へのダメージが大きいと思うので、お肌に息抜きをさせてあげたいのです。メイク落としにもこだわっています。オイル系や拭い取るタイプなど色々なタイプの使用を試みてきましたが、ミルク系のメイク落としがお肌への刺激が少ないと思いました。

少し前、連続して徹夜をしてニキビだらけになりました。

私は結構ニキビ体質なので、わずかでも肌に負担を掛けると赤ニキビ面になってしまうのです。

だから、たとえ忙しい時でも、できる限り早く寝てしっかりと睡眠時間をとるように努めています。

ニキビの大敵は睡眠不足だと思います。思春期頃、ニキビはできやすく、赤ちゃんにはできません。赤ちゃんに頻繁に起きるのは、いわゆるオムツかぶれなどのかぶれがあります。赤ん坊の肌は、すごくデリケートで、すぐにかぶれが発生してしまいます。赤ニキビとかぶれは同一ではありません。

ベビーのお肌に何かトラブルが発生したらできるだけ早めに病院を受診してください。

10代には、チョコレートやスナック菓子を過食すると翌日にはニキビが現れていました。

食べ物がこれほどまでにかかわるんだ、と痛感したものです。

それから後、年齢が進むとともに食べ物にも注意するようになり、チョコやお菓子などは口にしないようにしています。

その効能か赤ニキビもすっかり発生しなくなりました。

角栓が毛穴をふさぐことが、ひとつの、ニキビができる原因です。

気になるのでつい角栓を指でつぶして出しちゃったりすると、その部分にニキビ跡ができる原因となります。

角栓をつくらせないように、また、悪くさせない為には、しっかりした保湿をすること、毛穴に余分な皮脂を溜め込まないようにすることが、重要です。

ニキビを防ぐのには、様々な方法があります。

一番最初に思いつくのは、しっかり顔を洗うことでしょう。水だけで顔を洗うのではなく、ファーストクラッシュなどの洗顔フォームを使って洗うと、予防には効果的です。

顔を洗い終えたら、化粧水の利用により、ニキビの予防にはより良いでしょう。

ニキビに使う薬というのは、いろんなものがあります。

当然ながら、専用の白ニキビ薬の方が効きます。

しかし、軽いニキビだとしたら、オロナインでも大丈夫です。ちゃんと、効能・効果の所にぶつぶつややけど、ひび等と共に、書いてあります。ニキビを潰してしまうと、膿がそこから出てきます。

さらにギュッと潰すと中から芯が出てきます。それがニキビの原因なのですが、無理に潰して芯を出すことはオススメできる方法ではございません。

無理矢理に潰すことになるのですから、より炎症が広がります。

白ニキビ跡として残ることもありえますので薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。

ニキビ対応に栄養管理が必須です。

脂質や糖質を多く含有している物を取り過ぎることはニキビの起こりになります。

特にチョコは脂質も糖質も多いため、あまり取り過ぎないようにした方が賢明です。カカオ多分に含有し糖質の少ない物はお肌にも悪くないのでので、ぜひとも食べたい時には成分表を目に入れましょう。

なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥も含まれます。肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?と疑問に思う人も少なくないかもしれません。

当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつなのは事実ですが、だからといって逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は乾燥した肌になり、それがコメドができるもととなってしまします。つやつやお肌を保ちつつ、洗い流すことが、ニキビ対策には欠かせません。

特に大人ニキビのケースは、主な原因が乾燥することだとされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎないことが重要になります。

それができるのが、牛乳石鹸です。

ミルクバターたっぷりの牛乳石鹸なら、肌に潤いキープで汚れを落とせるので、効き目のあるニキビケアになります。

白コメドという言葉は、10代までの若い子たちが使う言葉で、20歳以上になると吹き出物と言うのが普通なんてよく聞きます。

この前、久々に鼻の頭にでっかいコメドがあったので、主人に、「ニキビができちゃった」というと、笑いながら、「もうニキビなんていう歳じゃないのに?」と、言われてしまいました。

顔にニキビが出来てしまうと気分が滅入ります。

でも、実はお肌の調子ってお腹の中の調子と結びついているらしいので、お腹の中の環境を整えたら、意外ときれいに消えてくれます。

まずは、腸内すっきり快便生活から始めるためにキウイフルーツなどの食物繊維が多いものを食べて、不要なものを体から出していったら、吹き出物もさっぱりなくなります。ひどいニキビができてしまった時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしています。

ピーリングの時には、肌にヒリヒリとした感じがありました。

そこで、何となく怖くなってしまって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、そのヒリヒリ感がきれいさっぱり消えて、キレイにニキビが改善できました。それ以来、ニキビが出るとピーリングを行うようにしています。ニキビができるのはアクネ菌のせいなので、例えばフェイスタオルやメイクに使うスポンジなどを何人かで共有していたり、肌に直接触れてそのまま洗わずにいたりすると、他の人のニキビがうつることがあるので注意が必要です。また、自分のニキビを触った後で、顔の他の部分に触れると、その場所にもニキビができることがあるでしょう。

実は昔、私が20歳のおり、背中が大変痒くなっの関連記事

2012 ニキビ対策といえば洗顔と塗り薬!原因の食生活と予防法 All Rights Reserved.